[PR]

 来夏に迫った東京五輪も、気候危機にさらされている。温暖化による猛暑で、選手や観客の熱中症のリスクが高まっているのだ。気象研究者は、東京は過去にない頻度で猛暑に見舞われると警告。主催者側は暑さ対策に躍起になっている。(伊藤喜之、パリ=疋田多揚、ヨハネスブルク=石原孝

 8月15日午前7時半、熱帯夜明けの東京・お台場。東京五輪テスト大会女子トライアスロンがスタートした。その時、都心の気温はすでに29・1度だった。

 フランス代表のカサンドル・ボーグラン選手は水泳1・5キロ、自転車ロードレース40キロを終えたころ、体に異変を感じた。その後、5キロの長距離走を終えて19位でゴール。暑さのため、距離が通常10キロの半分に急きょ短縮されていた。だが、腹痛を訴えて救急車で病院に搬送された。診断は脱水症。点滴で水分を補給する応急処置を受けた。

 スタート時のお台場は曇り気味…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら