[PR]

 サウジアラビアの石油施設が攻撃された問題で、「イランの仕業だ」と主張する米国と、否定するイランの間の緊張が高まっている。ただ、両国とも対話を模索していただけに、衝突拡大を避けたい事情もある。攻撃そのものをめぐる謎も深まっている。(渡辺丘=ワシントン、杉崎慎弥=テヘラン、高野裕介)

 16日、ホワイトハウスで記者団からイランとの戦争の可能性を聞かれたトランプ大統領は「我々は世界最強の軍隊を持っている。どの国よりも準備をしている。しかし、できれば(戦争を)避けたい」と返答した。前日には「検証結果次第で臨戦態勢をとる」とツイートしていたが、一転して慎重な姿勢だった。

 米国とサウジは軍事、経済両面で緊密な協力関係にある。今回の攻撃をめぐり、ポンペオ米国務長官は直後にサウジと敵対するイランを名指ししたが、トランプ氏は断言を避けている。16日も記者から「イランが背後にいるという証拠は見たのか」と問われると、「確かにそのようだ」と答えたが、別の記者が「イランに責任があると言いましたが」と聞くと、即座に「私はそのように言っていない。なぜそう言うのか」とただした。

 背景には、衝突が拡大することを避けたい思惑がありそうだ。

 トランプ政権は昨年5月、米英…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら