[PR]

 2022年の北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットキャラクターが発表された。五輪が「冰●●(●は土へんに敦=ピン・トゥントゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエ・ロンロン)」。それぞれ中国の国宝パンダや吉日の象徴であるちょうちんをかたどったという。

 国営新華社通信などによると、「ピン・トゥントゥン」はパンダと氷の結晶を掛け合わせたデザイン。流線形の外観は「5G」などの最先端技術を表し、左手のハートには世界各国の人びとを歓迎する意味を込めた。また宇宙飛行士のような服装は、無限の可能性を表している。

 パラリンピックのマスコット「雪容融」はお祝いや吉日を表すちょうちんをもとにデザインした。(北京=高田正幸)

(あわせて読みたい)世界中のパンダ、中国が管理? 人気動物、複雑な事情
上野動物園生まれのシャンシャンは、中国に帰ると決まっています。かつて「贈り物」だったパンダが「借り物」になった事情とは。
(こんな記事も)日本人の血を引く砂漠の王女 姿を見せないその素顔は?
中東オマーンの王女は、母の名が大山清子。ですが、ほとんど公の場に姿を見せません。案じた人たちは王女の愛するチョウを贈りました。