[PR]

 10月1日からの消費増税では、食料品や飲み物は軽減税率が適用されて8%に据え置かれるが、ビールや日本酒などのお酒は税率が10%に上がる。なぜお酒だけ――。酒屋やメーカーからは恨み節が漏れる。税込み価格を上げるべきか、悩む居酒屋も多い。

 「お酒だけが10%なのはおかしいよね」。大阪市北区の稲田酒店の店主、稲田政秀さん(50)はぼやく。軽減税率が適用されるつまみやジュースは8%のままだが、品ぞろえ豊富な地酒や焼酎は10月から税込み価格を2%上げる。常連客から「上がるんだよね」と念押しされることも多く、「駆け込み需要はあるかもしれないが、その後の反動減が心配」と話す。

 軽減税率は、欧州では生活必需品に適用している国が多い。政府・与党内の協議では公明党が食品全般への適用を提案し、消極的だった自民党との調整が難航。結局、「飲食料品全般」で決着したものの、お酒は外食とともに「ぜいたく品」などとされ、対象にならなかった。

 「個人的にはすべて(10%に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら