芝野虎丸八段が勝ち、白星を先行させた【第44期囲碁名人戦・第3局】=井上未雪撮影
[PR]

 張栩(ちょうう)名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑む第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第3局2日目は、18日午前9時に再開された。

 対局場は、戦国武将の織田信長が「天下布武」を唱えた岐阜城をいただく金華山を目の前に一望する岐阜市の「岐阜グランドホテル」。

囲碁名人戦第3局は、挑戦者の芝野虎丸八段が勝利し、通算成績を2勝1敗としました。黒陣を破壊しにかかった挑戦者と、勝負手を仕掛け続けた張栩名人。第3局2日目を詳しくお伝えします。

芝野挑戦者の一問一答

 ――本局を振り返っての感想は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら