[PR]

 札幌ドームでも2試合が行われるラグビーワールドカップ(W杯)。札幌には21、22の両日で約2万人の外国人が訪れる見込みだ。世界のラグビーファンはビール好きで知られる。今大会でも「ワールド級」のビール消費が期待されるなか、市内の飲食店などは万全の態勢で開幕に臨む。

 ラグビーW杯は20日に東京で開幕。札幌ドームでは21日、22日に試合がある。札幌市は両日とも各約4万人の観客がドームに来場し、うち約4割が外国人と予測。外国人は2日間で延べ約3万人、実数で約2万人と見込んでいる。

 ここで問題になるのは、世界のラグビーファンたちのビール消費量がとてつもないことだ。市の資料によると、英国のスタジアムでのビールの消費量では、ラグビーW杯はサッカーの試合の平均6倍以上。前回大会の消費量は1人当たり約1・7リットルに上ったという。

 今大会のビールの消費量は、試…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら