[PR]

 サウジアラビアの石油施設が攻撃された問題で、ペンス米副大統領は17日、イランが関与した可能性を指摘し、「我々は臨戦態勢にある。我々の利益と地域の同盟国を守る準備はできている。間違えるな」と強く牽制(けんせい)した。米メディアは同日、イラン国内からの攻撃だった可能性が高まったと伝えたが、イランは全面的に否定している。

 ペンス氏はワシントンでの講演で「大統領が昨日述べたように、イランが攻撃の背後に確かにいるようだ」と指摘。「我々の情報機関が証拠を懸命に検証し、同盟国と協議している。大統領が数日中に最善策を決断する」と語った。

 米CNNテレビは17日、米国とサウジの当局が、攻撃はイラク国境に近いイラン国内の基地から行われた可能性が「極めて高い」と判断したと伝えた。無人機(ドローン)と巡航ミサイルが使われ、米国とサウジのレーダー網が厳重なペルシャ湾を避け、イラク南部とクウェート上空を通過した可能性があるという。

 ロイター通信も同日、米当局者の話として「イラン南西部から巡航ミサイルと無人機を使って攻撃が行われた」と報じた。当局者は当初考えられたものより精密な攻撃だったとの見方を示した。いずれの報道も具体的な根拠は示されていない。

 米国務省は17日、ポンペオ国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら