[PR]

 17日午後8時20分ごろ、さいたま市見沼区大谷の集合住宅に住む小学4年生、進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の母親(42)から「息子が英会話塾に出かけたまま帰宅しない」と110番通報があった。埼玉県警が付近を捜索したところ、18日午前0時40分ごろ、進藤さん方の玄関の外にある収納スペース内で進藤さんの遺体を発見した。現場の状況などから、県警は何者かに殺害されたとみて捜査を始めた。

 県警によると、進藤さんは配水管などがある扉付きの収納スペースで見つかり、Tシャツに半ズボン姿だった。靴下ははいていたが靴は履いておらず、そばにリュックサックがあったという。

 目立った外傷や出血は確認されず、県警は進藤さんが別の場所で首を絞められるなどして殺害された後に、収納スペースに入れられた可能性があるとみている。今後、遺体を司法解剖して詳しい死因などを調べるとともに、家族らから詳しい事情を聴いている。

 進藤さんは教職員の母親と無職の父親(32)との3人暮らし。これまでの捜査で、17日夕方ごろに学校から帰宅したとみられるという。母親が仕事から帰った際には自宅におらず、父親から「塾に行った」と聞かされたという。しかし、その後も帰宅せず、母親が110番通報した。

 現場は東武野田線大和田駅の南東約2キロの住宅街。