[PR]

 プロ野球・楽天をパ・リーグ3位に導いた平石洋介監督(39)が、就任1年で退任することになった。10日、仙台市内の球団事務所で石井一久ゼネラルマネジャー(46)と会談。1年だった契約を更新しないことになった。関係者によると、後任には三木肇2軍監督(42)が昇格する見通し。

 会談後に取材対応した平石監督は「来季の監督としてのオファーはないということだった」と説明。新設の「2軍統括」という役職を提示されたが、返答を保留したという。平石監督は「単年契約で想定はしていた。判断、評価は(他の)人がするものなので」と淡々と語った。

 「松坂世代」の平石監督は、6位に沈んだ昨季途中にヘッドコーチから監督代行に就任。そのまま今季も指揮を執った。西武から浅村を獲得し新外国人のブラッシュが33本塁打を放つなど活躍。71勝68敗4分けの3位でクライマックスシリーズに進出したが、ソフトバンクとの第1ステージは1勝2敗に終わっていた。