[PR]

 外国人の住民の「言葉の壁」を解消するため、綾瀬市は、行政情報を提供する際のガイドラインを定め、職員への研修を始めた。市から通知する文書や窓口対応で、「やさしい日本語」を使うことが主眼。増え続ける外国人の生活環境を豊かにし、地域社会での活躍を後押しする狙いがある。

 綾瀬市には49カ国・地域の出身者が暮らし、人口比率は4・58%(1日現在)で、県内19市で最も高い。近隣にインドシナ難民の定住促進センターがあったことや製造業者の集積が背景にあり、増加傾向が続く。

 市は「多国籍の市民の活躍が市の発展に不可欠」とし、多言語での対応に努めてきた。生活情報誌を9言語で作り、窓口に音声翻訳システムを導入。しかし、住民の母国語は22あり、翻訳には限界もあった。

 そんな中、昨年度に初めて実施…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら