[PR]

スポーツのミカタ

 プロバスケットボールBリーグのシーホース三河は愛知トヨタなどトヨタ系自動車販売会社を抱えるATグループと今シーズンのパートナー契約を結び、18日、愛知県刈谷市のアイシン精機体育館で調印式を行った。

 ATグループの山口真史社長は、「我々は地元の方とともに歩んできた歴史がある。中日ドラゴンズのクラウン賞、名古屋グランパスのランクル賞を長年続けている。そういう意味でも、地元のプロチームを応援しようということになった」と語った。

 三河は10月5日が今季初戦で、ウィングアリーナ刈谷で本拠開幕戦を迎えるのは同12日になる。加藤寿一主将は「チームの雰囲気はすごくいい。去年は開幕5連敗という最悪のスタートを切ってしまったので、今シーズンはスタートダッシュできるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

     ◇

 加藤寿一主将と記者との一問一…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら