[PR]

 10年間で日本通算98勝をあげた阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)の引退会見が18日、兵庫県西宮市内であった。会見の中で、29日の中日戦(甲子園)で引退試合が行われることも明らかになった。

 会見の主なやりとりは次の通り。

     ◇

 まずは阪神タイガースでこういう機会あたえてくださったチーム、球団関係者のみなさまに感謝したい。本当はまだやりたい気持ちもありますけど、自分の体が、腕がもう潮時だと言っているので、今がそのときだと思い、決断しました。

 ――今の心境は。

 いつかこの日が来るというのは分かっていたが、想像していた以上につらいというか、寂しいというかいろんな思いがある。

 ――引退は誰かに相談したか。

 家に帰って奥さんと相談したけど、基本的には自分。自分が決めることだと思うので、自分の気持ち、体と相談して決めた。

 ――日本での通算100勝目前で、難しい判断だったのでは。

 自分の数字を見てくれたら分かるが、98勝84敗。その中で勝敗がつかないのが81ある。その81の中の二つが勝ちになってくれたらと思うと、非常に「ちくしょう」という思いはある。だけどそれも野球。今年の目標のひとつで100勝というのは達成したかったし、大きい目標でいえば外国人最多勝利も目指していたので、来年もう一年やりたいというのはあった。それができないのは悔しい。

 ――阪神のエースとしてうれしかったことと、悔しかったことは。

 タイガースとジャイアンツが最大のライバルと言われる中で、2014年のクライマックスシリーズで東京ドームで4連勝したのは印象に残っている。つらいことはいっぱいあったが、最下位で終わった年は一番つらかった。

 ――甲子園はどんな場所だった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら