[PR]

 35人が犠牲になった京都アニメーション第1スタジオの放火殺人事件で、現場に立ち会った京都第一赤十字病院(京都市東山区)の救急科部長の竹上徹郎(たけがみてつろう)さん(49)が朝日新聞の取材に応じた。事件発生から2カ月がたち、14人の死亡を確認した状況を「やりきれない思いだった」と振り返った。

 7月18日午前10時52分。「火災で傷病者多数。受け入れできますか?」。京都市消防局からの一報は発生から約20分後。竹上さんは病棟で入院患者の治療中だった。

 「現場に医師を派遣して下さい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら