[PR]

 総務省消防庁は18日、台風15号が千葉県を直撃した9日から15日までの1週間で、熱中症による救急搬送者は同県が498人(速報値)で全国最多だったと発表した。長引く停電の影響とみられ、前週(2~8日)より約3倍も増えた。全国では4243人が搬送された。

 同庁によると、千葉県では熱中症により2人が死亡したほか、重症6人、中等症は201人、軽症289人に上った。年代別で最も多いのは65歳以上の高齢者で288人。次いで成人(18歳以上65歳未満)が190人、少年(7歳以上18歳未満)が16人、乳幼児が4人だった。

 搬送された時の場所別では、住居の敷地内が237人で最多。病院など施設の屋内が76人、工事現場や作業場などが57人となっている。

 気象庁によると、9~11日は千葉県内の11カ所の観測地点で連日、30度以上を観測。鴨川市や茂原市などでは、35度以上の猛暑日を記録した日もあった。

 東京電力パワーグリッドによると、同県内では18日、約3万6700戸で停電が続いている。山武市で約6800戸、南房総市で約4400戸、市原市で約4200戸、八街市で約4千戸など(いずれも18日午後11時30分現在)。

 千葉県内は19日明け方まで急な強い雨や落雷の恐れがある。朝方から曇りで、昼前から晴れる見込み。21日からの3連休は停滞する前線などの影響で大雨が降る恐れがある。(金山隆之介)