[PR]

 地域政策をめぐり女子大学生と激論――? 山本一太知事が10月3日付で群馬県立女子大学(玉村町上之手)の客員教授に就任し、計15回の講義をすることになった。地域での課題を議論し、学生に解決策を提案してもらう。人気番組「朝まで生テレビ!」への出演で知られる山本知事は「女性リーダーの育成につなげたい」と意気込んでいる。

 講義は「知事と語り合う地域政策論」。10月3日~来年1月末の毎週木曜(1回90分)、知事や副知事、担当部局長らが毎回、観光戦略や子ども政策など県政の課題を説明し、学生と知事が議論する。知事は毎回出席し、授業での積極性や期末試験の成績などで学生を評価するという。

 知事は「県政を身近に感じてもらい、女性人材の育成や県内就職率の向上も期待できる」と意義を強調。県幹部にも「授業に加わることで、表現力のアップにつながるのでは」と期待を込めた。(金井信義)