写真・図版

[PR]

 ぼくは鳥の首のミイラを、帝大工科大学の田辺保に託し、三田村家に帰宅した。

 まだ夕方なのに、父ももう帰ってきていた。薄暗い居間でぼーっと煙管(きせる)を吹かしながら、ぼくを見上げ、「どうだった?」とかすかな期待を込めて聞いた。

「キジ科の孔雀(くじゃく)に似た何かの鳥の首だって。あまり興味を持ってもらえませんでしたよ」

「そうか……」

「その後、田辺保くんと会って。しばらく預かりたいと言われ、渡してしまいました」

 父は「ふん!」とつぶやくと、ゴロリと横になり、

「あぁ、何もかも馬鹿馬鹿しい! 今日も金策のため駆けずり回ったが、芳しくなかった。火の鳥、か……」

 ぼくは居間を出て廊下を歩きだした。そのとき父の悲しげな声が聞こえてきた。

「未知の力を持つ妖獣なんて、い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら