[PR]

 滋賀県草津市の烏丸半島芝生広場で21日、「イナズマロックフェス2019」が始まった。県出身のミュージシャン西川貴教さんが手がける大型野外企画で今年で11回目。22日まで、様々な人気アーティストらが登場して盛り上げる。

 フェスは08年に滋賀ふるさと観光大使に就いた西川さんが「音楽を通して地元にお返しをしたい」と開催を決めた。09年から毎年開いている。県内外から1日約5万人が訪れるという。

 初日は台風17号の影響で雨が降る中、メインの「雷神ステージ」で開幕した。観客はロックバンド「BRADIO」の演奏に合わせて腕を振り上げた。その後、ステージに西川さんが登場。「誰のファンとか関係なく盛り上がっていこう」などと呼びかけ、新曲など計5曲を披露すると、さらに熱狂に包まれた。

 友人と参加した大阪市の会社員…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら