拡大する写真・図版 アイルランド戦の後半、福岡(手前)は逆転のトライを決める=西畑志朗撮影

[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本代表は5日、1次リーグ3連勝をかけてサモア戦に臨む。前回のアイルランド戦で逆転トライを決めた福岡堅樹(27)は、来年の東京五輪後に引退し、医師をめざす。けがに苦しめられてきたウィングは、支えてくれた医師と同じ道を志す。

 9月28日のアイルランド戦。福岡は逆転トライを決めた後も、相手からボールを奪って約50メートル独走する俊足を見せつけた。ふくらはぎを痛め、初戦のロシア戦を欠場したことを感じさせない動きだった。

 福岡は県立福岡高2年のとき、左ひざの前十字靱帯(じんたい)を断裂。3年の夏も右ひざに同じけがをした。手術すると「花園」の福岡県予選に出られないおそれがあった。

 整形外科医の前田朗さん(57)は福岡に言った。

 「手術したら間に合わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら