[PR]

 小学生のころから40年以上にわたってひきこもり状態だった男性(50)が、同居していた母(当時76)の遺体を遺棄したとして逮捕された。たまたま実家を訪ねた男性の妹(46)が遺体を発見した。男性には、母の死をだれかに知らせたくても、知らせられない事情があった。

 布団に横たわった母。その顔に白いタオルがかけられていた。昨年11月、横浜市の実家を訪ねた妹は凍り付いた。兄と母は2人暮らし。父は6年前に他界し、妹は結婚を機に20代で実家を離れていた。

 妹は救急車を呼び、兄の部屋のふすまを開けた。兄は畳に体を横たえたまま窓の方を向いていた。「何をやっているの、と憤りがわくとともに、兄が無事でいてくれてほっとした」

写真・図版

 神奈川県警に死体遺棄容疑で逮捕された兄は、約2週間後に釈放され、不起訴処分となった。亡くなったのは病気が発端で、死後半月ほどたっていた、と妹は聞いた。

 母の死後、妹や、近くの診療所へ発信した履歴が、自宅の電話機に残っていた。兄が番号を押したものの、つながる前に切ってしまっていたらしい。

 連絡しようにもできなかった理…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら