[PR]

ラグビー トリビア

 ラグビー高校日本代表で故・平尾誠二さんと一緒にプレーし、早稲田大学ではいぶし銀のフランカーとして活躍した恵藤公浩記者(57)。早大の司令塔、スタンドオフ(SO)として巧みなパスと左足のキックを操り、1986年度の全国大学選手権決勝にも出場した森田博志記者(55)。かつて臙脂(えんじ)と黒のジャージーを着て世間を沸かせた2人の記者が、ラグビーのルールや魅力を緩く、深く読み解きます。

 ボールが外に出ると、試合が途切れる。再開のセットプレーが、ラインアウトだ。選手が組み体操のように動くことがある。相手は目の前にいるのに、どうやってサインを出しているのか。その「謎」に迫ってみよう。

 ボールがタッチラインを横切った場所に、両チームのフォワード(FW)が1列ずつに並び、間に投げ入れられたボールを奪い合うのがラインアウト。参加人数は2人以上。攻撃側が数を決め、防御側が合わせる。

 ボール獲得に有利なのは当然、背の高い選手。屈強なロックの「主戦場」だ。日本代表の最長身はトンプソンで196センチ。世界的には2メートルを超す選手も珍しくない。

 元々は個人のジャンプ力で勝負していたラインアウトだが、1995年のワールドカップ(W杯)から大きく変わった。ジャンパーの前後の選手が、組み体操のようにジャンパーを持ち上げる形が認められるようになったからだ。

 「土台」となる選手が高く掲げられれば、ジャンパーの最高到達点はさらに高くなる。最近は、本来はジャンパーだった重量級のロックを土台にし、スマートで軽めの選手をジャンパーに据えるケースもある。

 誰が捕球役となるのか。見極め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら