[PR]

 韓国警察は19日、1986~91年にソウル近郊の華城(ファソン)で女性10人が殺害された未解決事件の容疑者として50代の男を特定したと明らかにした。現場で見つかったDNAを最新技術で鑑定した結果、別の事件で収監中の男のDNAと一致したという。事件は2006年に公訴時効が成立しており、罪には問えないとしている。

 事件では10~70代の女性10人が残忍な手口で殺害され、韓国社会を震撼(しんかん)させた。捜査員延べ約200万人を投入する異例の大規模捜査が行われたが、犯人を特定できないままに迷宮入りし、「史上最悪の未解決事件」といわれていた。事件は03年に韓国映画「殺人の追憶」(ポン・ジュノ監督)の題材となり、日本でもヒットした。

 警察は社会的衝撃が大きい事件として公訴時効後も捜査を続けてきた。19日に会見した捜査本部長は「長い間事件を解決できず、事件の被害者と遺族の方々に心から哀悼の意を表する」と述べ、真相解明に努力するとした。(ソウル=武田肇)