【動画】岐阜・柳ケ瀬のお化け屋敷フィナーレ=高木文子撮影
[PR]

 岐阜・柳ケ瀬のお化け屋敷が23日、フィナーレを迎える。岐阜発祥とされる都市伝説・口裂け女をテーマに、今回で5回目。これまでに訪れた客は8万人を超えるが、主催団体が活動をやめることから、今シーズンで営業を終えるという。「柳ケ瀬に若者を呼ぶことができた」――。関係者は手応えを感じている。

 9月半ばの連休。お化け屋敷には、カップルや高校・大学生のグループが次々と入っていった。

 入り口のそばのソファに、怖くて途中で出てきた女子高校生がいた。「黄色と白の服の、見た?やばい」と神村華さん(17)。北村妃奈乃さん(16)も「(道を)曲がった瞬間、ダメだった」。そんな中、友人の奥村茜さん(16)は、ただ1人最後まで歩き通した。3人は身ぶり手ぶりを交えてしゃべり、怖さとおかしさに笑い転げた。

 お化け屋敷は2012年、地元の経営者の有志グループ「やながもん」が企画した。シャッターの目立つ商店街に若者を呼び、まちおこしにつなげるのが狙いだった。

 「口裂け女」のうわさが全国に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら