[PR]

 「主文。被告人らは、いずれも無罪」。東京電力の旧経営陣3人が強制起訴された裁判の判決が19日、東京地裁で言い渡された。原発事故を巡り、旧経営陣3人の刑事責任は無いとする司法の判断は、県内の被災者や訴訟の支援者の目にどう映ったのか。

 判決直後、東京地裁前で「全員無罪」の紙を持って立った福島原発刑事訴訟支援団の宇野朗子さん(47)は、「とても納得できない」と涙を流しながら、語った。

 福島市から夫と子どもと京都へ避難し、これまでの裁判の内容は毎回確認し、「少なくとも無罪になる要素はなかったはず」と感じていた。無罪を知った瞬間は「まさか」と肩を落とし、「企業の責任を追及し、社会をどのように守っていくのか、すごく重い課題ができた」と話した。

 原発事故後、田村市都路町から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら