[PR]

 高度経済成長の時代、イグサ製品の製造が盛んだった倉敷市西阿知町。一角にある小さな工場跡に、イグサ製品自動織機の機械音が再び響いている。復元したのは95歳の宇野勝長さん。いったんリタイアしたが、職人魂を再び燃やして製品の商品化をめざす。

 戻った「家族」

 カシャン、カシャン、カシャン。古い工作機械が並ぶ40平方メートルほどの作業場に、リズミカルな機械音が響く。

 宇野さんが半世紀以上前に設計…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら