[PR]

 あおり運転などの危険な行為を乗用車に繰り返したとして、警視庁は19日、東京都北区の自営業の男(57)を脅迫の疑いで書類送検し、発表した。

 滝野川署によると、男は5月20日午後6時50分ごろ、北区昭和町2丁目の片側2車線の都道で乗用車を運転中、窓を開けて大声を上げながら会社員男性(24)の車に幅寄せをし、さらに前に割り込んで蛇行運転や急減速を繰り返したうえ、赤信号で止まった男性の車のドアを開けようと引っ張りながら「けんか売ってんだろ、おら」と怒鳴り、男性を脅した疑いがある。危険な運転が約1キロにわたり2~3分続く様子が、男性の車のドライブレコーダーに記録されていたという。

 男は調べに対し、「道を譲ってくれなかった」と説明しているという。男性がこの当日、警視庁に相談していた。