[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、秋田市への配備反対を訴える請願・陳情の採択が、秋田県内の各議会で広がっている。これまでに11市町村が委員会や本会議で採択。再び「継続審査」を決めた秋田市議会とは対照的な結果となった。

 秋田市新屋地区への配備反対を表明するよう訴える請願・陳情については今年8月、市民団体「ミサイル基地『イージス・アショア』を考える県民の会」(秋田市)が、同様の請願を6月に採択している能代市を除く県内24市町村議会に提出していた。

 横手市議会では20日の本会議で、県民の会の陳情に関する採決があった。前段となる所轄の委員会では継続審査を求める賛否が同数となり、委員長が「採択すべき」と判断した。

 本会議では「市議会としてずっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら