[PR]

 大相撲秋場所(東京・国技館)12日目の19日、関脇貴景勝が妙義龍を下して10勝目(2敗)を挙げ、来場所の大関返り咲きを決めた。転落した場所で10勝以上すれば復帰できる現行のカド番制度になった1969年名古屋場所以降では、先場所の栃ノ心以来、7例(6人)目。

 貴景勝は新大関だった今年5月の夏場所で右ひざを負傷し、途中休場。カド番だった7月の名古屋場所を全休して関脇に転落。新大関から2場所で地位を失うのは、2000年秋場所で連続負け越しとなった武双山以来2人目だった。

大関から転落して1場所で復帰した力士

転落が決まった場所  力士   復帰を決めた関脇での成績

  76年夏      三重ノ海   10勝5敗

  99年九州     貴ノ浪    10勝5敗

  00年名古屋    武双山    10勝5敗

  04年夏      栃東     10勝5敗

  04年九州     栃東     11勝4敗

  19年春      栃ノ心    10勝5敗

  19年名古屋    貴景勝    10勝2敗(12日目時点)

 (現行制度で、大関から転落したのは先場所までで延べ22人)