[PR]

 トヨタ自動車は、ブラジル・サンパウロ州のソロカバ工場に10億ブラジルレアル(約270億円)を追加投資し、新たに300人を雇用すると発表した。

 2021年にブラジルで売り出す新型車の生産に向け、態勢を強化。「中南米事業の競争力強化をめざす」としている。ソロカバ工場は12年に稼働。小型車の「エティオス」「ヤリス」をつくっており、生産能力は年10.8万台。