[PR]

 朝日新聞社は26日、円満な相続をサポートする情報ウェブサイト「相続会議」(https://souzoku.asahi.com/別ウインドウで開きます)をオープンした。

 「想(おも)いをつなぐ、家族のバトン」をコンセプトに、時にデリケートな「相続」について、家族や親族が話し合うきっかけ作りを目指す。相続を通じた親と子のコミュニケーションを促す。

 相続税の仕組みや遺言書の書き方など、相続の手続きや対策を分かりやすく解説。税理士や弁護士、司法書士ら経験豊富な専門家が執筆・監修する。

 「相続会議」は、特定のテーマを深掘りするバーティカルメディア(VM)のひとつ。朝日新聞社で9番目のVMになる。

 その他の8サイトは、ミレニアル女性の生き方を伝え、寄り添う「telling,」(https://telling.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼「犬や猫ともっと幸せに」をコンセプトにした「sippo」(https://sippo.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼ひとりの時間を楽しむ人向けの「DANRO」(https://danro.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼世界の旬な情報を届ける「GLOBE+」(https://globe.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼人生を豊かにする本を紹介する「好書好日(こうしょこうじつ)」(https://book.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼認知症の当事者とともにつくる「なかまぁる」(https://nakamaaru.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼大学スポーツを全力で応援する「4years.」(https://4years.asahi.com/別ウインドウで開きます)▼若い女性たちが自己肯定感をより高めることをめざす「かがみよかがみ」(https://mirror.asahi.com/別ウインドウで開きます)。

 いずれも共通プラットフォーム上で複数のサイトを運用する「ポトフ」(https://pot.asahi.com/別ウインドウで開きます)事業の一環。