[PR]

 子どもたちの熱中症事故を予防するため、神奈川県の大和市立小学校の校長会は、秋の運動会の日程を来年度から大幅に繰り下げることを決めた。9月下旬が中心の開催日を、10月下旬に統一する。市教育委員会は昨夏、熱中症対策のガイドラインを独自に定め、国際的な暑さ指数(WBGT)ごとに体育や校外活動などでの対応を定めており、これに沿った検討を進めていた。

 大和市立小学校の運動会は例年、2校が春、17校が秋の開催で、秋は9月下旬に集中。今年度も9月28日が最多13校で、残る4校は10月5日以降に予定する。

 運動会の事前練習は約1カ月間必要で、今の日程では大半の学校が9月初頭に始める必要がある。この期間はまだ真夏日が多く、近年は猛暑も残るため熱中症のリスクが高く、ガイドラインに従って屋外での練習ができない日も出ている。

 このため、校長会は、秋の17…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら