[PR]

 ひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)は10月1日、同市武田にある湊線「日工前」の駅名を「工機前」に変更する。現駅名は、近くに工場を構える電動工具メーカー、工機ホールディングス(東京)の旧社名・日立工機(通称・日工)に由来するが、同社が昨年、社名から「日立」を削ったため、駅名もそれに合わせる。

 同駅は1962年、日立製作所の子会社・日立工機の従業員が通勤に使う専用駅として開業。98年に一般客も利用できるようになった。その後、同社は米投資ファンドに売却され、日立グループを離れた。

 同鉄道は今回、工機ホールディングスと話し合い、駅名変更の時期として、一般社団法人日本記念日協会が「電動工具の日」と認定した10月1日を選んだ。これを記念し、同6日午後0時半~3時半に、勝田駅から乗車した客を対象に抽選会を実施。計20人に同社製の電動工具や精巧なミニチュア玩具をプレゼントする。(佐藤仁彦

関連ニュース