[PR]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、初の8強入りを果たした日本代表。南アフリカと準々決勝を戦う20日は、3年前に53歳で他界した「ミスターラグビー」、平尾誠二さんの命日と重なる。神戸市中央区の繁華街・三宮でバーを営む金村泰憲(やすのり)さん(55)は、「ストーリー性があるね」と静かにグラスを傾ける。

 金村さんは2009年に休部した社会人チーム、ワールドの元選手。FWの3列目でスクラムを組むフランカーとして、関西代表でもならした。30歳で現役を引退後、1997年に「THIRD ROW(サードロー)」を開いた。すぐに常連客となったのが、ワールドと同じ神戸を拠点に活動する神戸製鋼一筋で過ごした平尾さんだった。「先輩、来てくれたん?」「どんなんか、みに来たんや」。ぱりっとしたスーツ姿でふらりと現れたのを覚えている。

 意外だった。大阪体育大でプレ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら