[PR]

 さいたま市見沼区大谷の集合住宅で、ここに住む小学4年生、進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の遺体が見つかった事件で、埼玉県警は19日夜、死体遺棄容疑で父親の無職進藤悠介容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めているという。捜査関係者への取材でわかった。

 県警によると、遼佑さんの遺体は18日未明、自宅と階段の踊り場を挟んで向かいの空室のメーターボックス(高さ約180センチ、幅約60センチ、奥行き約40センチ)内で見つかった。遼佑さんはTシャツ、半ズボン姿で靴下をはいていたが、靴は履いていなかった。司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死だった。

 遼佑さんは義理の父の悠介容疑者と教員の母親(42)との3人暮らしで、事件当日は小学校から午後4時ごろまでには帰宅したとみられる。予定していた17日午後5~6時台の英会話塾には姿を見せなかった。母親が仕事から帰った際には不在で、母親は悠介容疑者から「塾に行った」と説明された。夜になっても帰宅しなかったため、母親が同日夜に110番通報。翌18日午前0時40分ごろ、警察官が遺体を発見した。