[PR]

 ラグビーW杯の開幕を前に、前回大会で日本代表を率い、今回は優勝候補のイングランドを率いるエディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)と対談する機会がありました。その中でとても印象に残ったのが、「嫌われても構わない」という彼のリーダーシップへの考え方でした。

 どういうことでしょうか。会社のリーダーも、チームの監督も、嫌われたくはないでしょう。実は、彼のその言葉には、「ただし、選手から敬意は払われないといけない」というエクスキューズがつきます。

 彼は常日頃から細かく、選手個人を分析しています。また「チームの中に10%の優れたグループ、80%のノーマルなグループ、10%の難しいグループがある、その中の80%のグループを引き上げれば、難しいグループの水準も上がってくる」と話をしていましたが、彼はそのグループごとに対応を変えているわけではありません。「この人にはこう」と、あくまで一人一人のパーソナリティーによって、接し方を変えるのです。つまりカテゴライズされたグループごとにパターンをつくるのではなく、グループとは関係なく全ての選手に対してオーダーメイドの対応を取っているのです。

■アメとムチの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら