[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

#ニュース4U《ただいま取材中》

 生理用品を買うと、頼まなくても商品が黒色のポリ袋や紙袋に入って出てくる――。コンビニエンスストアやドラッグストアなどでの「生理用品を隠す」サービスに、様々な意見が上がっています。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uは身近な疑問や困りごとをSNSで募り、深掘り取材する企画です。ご意見をお寄せください。公式LINE@アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

 今年6月から、日用品大手のユニ・チャームが「その紙袋、やめませんか?」と声を上げる企画「#NoBagForMe」(私は紙袋はいりません)を始めました。「生理は恥ずかしいことではなく、当たり前のこと。女性が声をあげられる選択肢のある世の中にしたい」と担当者は話し、「見せてもいい」生理用品のパッケージ作りに取り組んでいます。

 一方で、SNS上には「私は生理をオープンにせず、むしろ認識されないことを望んでいます」「恥ずかしいから隠したいし、これからも隠す」といった意見も少なくありません。

 生理用品を買う時の「袋問題」、みなさんはどう考えますか? 「生理」に対してのお考えやご意見を募集します。様々な性別の方からのご意見をお待ちしています。コンビニやドラッグストアで働く方々、メーカーの担当者の方々のご意見もお待ちしています。

 また、女性のみなさん、学校や職場で月経だと言い出せずにつらかった経験や、月経であることを隠すためにしてきた工夫などについてもお寄せください。

     ◇

 朝日新聞「#ニュース4U」では、読者のみなさんの身近な疑問や困りごとを募集しています。公式LINE@アカウントで取材班とやりとりできます。いただいたメッセージは必ず拝読し、今後のコンテンツづくりに生かします。