[PR]

 人工知能(AI)などのテクノロジーを活用し、災害時に消防団が現場の情報を消防本部とリアルタイムで共有するシステムを、神戸市が導入した。現場の消防団員と本部のコミュニケーションを進め、より効果的な災害対応をはかる。

 消防団員は、各市町村に設けられた消防組織に属する非常勤の公務員。水害や震災などでは、いち早く現場に駆けつけて活動にあたることもある。

 これまで、現場に出動した消防団員は、主に電話や無線で、現場の状況や活動内容を最寄りの消防署に報告し、署の情報を本部が集約していた。だが、昨年の西日本豪雨では被害が広範な地域で相次ぎ、情報集約には時間がかかった。

 新たなシステムは、通信アプリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら