写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 山梨県内で起きた電話詐欺のうち、被害者をだまし、キャッシュカードを直接受け取る手口が急増している。各金融機関は被害を少しでも減らそうと、高齢者が現金を引き出せる限度額を引き下げる対策を始める。

県計「通報されにくい」

 県警によると、今年1月~9月13日の電話詐欺の認知件数は54件(前年同期比11件増)で、被害額は7743万円(同2512万円減)だった。

 今年急増するのが「キャッシュ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら