[PR]

 家畜伝染病「豚コレラ」の感染拡大を受け、農林水産省は、養豚場で飼育されている豚にワクチンを接種する方針を固めた。飼育豚の感染が確認された東海地方などの県を中心に、地域限定の接種になる見通しだ。20日にも発表する。

 豚コレラは昨年9月、国内では26年ぶりに岐阜県で発生。その後、愛知、三重、福井で飼育豚の感染が確認され、今月、関東で初めて埼玉県で発生した。農水省は、養豚場の衛生管理の徹底や、感染源とみている野生イノシシの対策だけでは、これ以上感染の広がりを抑えるのは難しいと判断した。

 ワクチンを接種すれば、国際ルール上、「非清浄国」に格下げされ、輸出が難しくなるなどのリスクがある。ただ、接種地域を限定すれば、それ以外の地域が輸出に影響がない「清浄地域」とみなされる可能性があるという。

 接種するのは、約100万頭分…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら