[PR]

 全国キャラバンを展開中の「れいわ新選組」の山本太郎代表は19日夜、北海道最北に位置する稚内市内で住民との対話集会を開いた。介護離職、核のゴミ……。有権者との「対話」を重視するスタイルで参院選のれいわ躍進を主導した山本氏に、さまざまな意見がぶつけられた。

 集会には市内や周辺自治体の住民ら約80人が駆け付け、2時間にわたって意見交換をした。

 ある中年男性は羽幌町から駆け付けた。家族の介護の多忙さにより介護離職せざるを得なかったという。山本氏には、行政のサポートが不十分だと訴えた。

 山本氏は「国は介護離職を減ら…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら