[PR]

 フィギュアスケートのアイスダンスで、五つの五輪メダルを獲得したカナダのペアが引退を発表した。日本では車のテレビCMに出演していた、女性のテッサ・バーチュー(30)と男性のスコット・モイヤー(32)。幼なじみの2人が22年間の競技生活に別れを告げた。

 2人は18日午後(日本時間)、ツイッターに「ありがとう」の言葉とともに、自撮り動画を投稿した。体を寄せ合ってスケートリンクを滑りながら、バーチューは「22年が過ぎ、競技から離れるのにふさわしい時だと感じる。本当に感謝している」。モイヤーは「22年を言葉にすることはできない」としみじみ語った。

 ペアを組み始めたのは1997年。モイヤーはバーチューと出会う前、ある少女と組んだことがあった。モイヤーがステップを間違えると、少女は許してくれず、離れていった。バーチューは違った。最初の大会で、失敗しても受け入れてくれたという。「その瞬間、一生のパートナーを見つけた」。以来、ペアを解消したことはない。

 地元開催の2010年バンクー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら