[PR]

 秋の全国交通安全運動が21日に始まるのを前に、群馬県内各地では20日、安全運転を呼びかけるイベントが開かれた。桐生署大間々分庁舎(みどり市)では、86歳の自動車教習所会長が運転免許を返納した。

 返納したのは、桐生自動車教習所(桐生市堤町3丁目)の関口義江会長(86)。免許を取得した1959(昭和34)年以来、60年近く無事故無違反。通勤や買い物のため、車体が大きい左ハンドルの外車を自在に操っていた。

 転機は昨年5月の入院。免許返納を長女に求められた。「『あなたが言う権利があるの』とけんかにもなりました」。高齢ドライバーの交通事故のニュースを目にすることはあっても、自分に関係があるとは思えなかった。運転技術の衰えも感じることはなかった。

 ただ、長女の「事故を起こしたら、教習所のみんなや地域社会に迷惑がかかる」という言葉が刺さった。「望んで事故を起こす人はいない。でも、万が一が起きることもある。教習所の信用を守るため、今、事故は起こせない」

 退院と前後して、愛車を処分した。当初は空っぽの車庫を見ると寂しくて、涙が出た。「でも、最近はきっかけを作ってくれた娘に感謝しているんです」

 この日は免許返納後、一日署長…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら