[PR]

患者を生きる・眠る「認知症の介護」(1)

 神奈川県の女性(59)は2016年ごろから、睡眠不足に悩まされるようになった。母(86)の認知症がきっかけだった。

 女性は1997年に長男(21)を産んだ後から、自営業の夫(51)とともに、実家で両親と一緒に暮らしてきた。

 母は2011年ごろから、もの忘れが目立つようになった。14年10月、真夜中に自宅2階に上る階段の途中で倒れ、体が冷え切っているのを、テスト勉強のために深夜まで起きていた長男が見つけ、救急車で病院に運んだ。体に異常はなく、1日で退院できたが、母は病院をホテルと勘違いし、「うちの主人の部屋はどこですか?」と職員に尋ねた。

 その後、アルツハイマー型の認知症と診断された母の症状は目に見えて悪化した。

 家族みんながいるときに話し合…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら