[PR]

 大型の台風17号は20日午前、宮古島の南東にあり、西方向へゆっくりと進んでいる。今後は発達しながら北上し、週末にかけて沖縄や西日本に接近する見通しで、気象庁は暴風や高波への警戒を呼びかけている。台風にともなう前線の北上で、九州北部を含む西日本では大雨の恐れもある。

 気象庁の発表によると、20日午前6時現在の台風17号は、中心気圧990ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速は30メートル。21日に沖縄に最も接近し、22日には九州に近づく見通し。その後は日本海を北東に進んで、23日には温帯低気圧に変わるとみられるが、勢力は落とさず、24日にかけて北日本や北陸に接近する恐れがある。

 台風北上に伴い、日本の南に停滞している前線も北上して活動が活発化するとみられ、大雨の被害を受けた九州北部を含む西日本で、再び大雨となる恐れがあるという。