[PR]

 さいたま市見沼区の集合住宅で、この住宅に住む小学4年生の進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された父親の無職進藤悠介容疑者(32)が遼佑さんについて「自宅で殺した」と供述し、「帽子をなくしたことを注意したら『本当の親じゃないくせに』と言われた。カッとなった」などと話していることが捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、進藤容疑者はコードで首を絞めたと説明しており、埼玉県警は自宅内から延長コードなど複数のひも状のものを押収した。進藤容疑者は遼佑さんの母親(42)の再婚相手で、昨年12月末からこの集合住宅の一室で3人で暮らしていた。母親は「家族内でのトラブルはなかった」と話しているといい、虐待なども確認されていないという。県警は経緯を慎重に調べている。

 遺体が見つかったのは18日午前0時40分ごろ。自宅にランドセルがあったことなどから、県警は遼佑さんは17日午後4時ごろまでには帰宅していたとみている。この時間以降、自宅の外での目撃証言はなく、付近の防犯カメラでも姿は確認されていない。遼佑さんは同5~6時台の英会話塾を欠席しており、県警は進藤容疑者の供述通り、遼佑さんが自宅内で殺害されたとみて裏付けを進める。

 母親が帰宅した同6時ごろには遼佑さんは不在で、夜になっても帰宅しないことを心配した母親が110番通報。進藤容疑者も自宅周辺で遼佑さんの捜索活動をしたという。

 県警によると、逮捕容疑は17日、自宅向かいの空き室のメーターボックス(高さ約180センチ、幅約60センチ、奥行き約40センチ)に遼佑さんの遺体を遺棄したというもの。進藤容疑者は「見つからないようにするために隠した」と供述しているという。県警は20日、進藤容疑者を送検した。