[PR]

 介護施設の入居権の購入を持ちかけるなどして高齢女性から金をだまし取ったとして、警視庁は、住所不定、住吉会系組員の秋田亮佑容疑者(32)を詐欺の疑いで逮捕し、20日発表した。容疑について黙秘しているという。同庁は、秋田容疑者が特殊詐欺グループのリーダー格とみている。

 竹の塚署によると、秋田容疑者は2018年10月中旬~24日、仲間と共謀し、岐阜県中津川市の70歳代女性宅に商社などを名乗って電話を数回かけて、介護施設の入居権が購入できる、などとうその話を持ちかけた上で、この購入話の守秘義務違反に関する供託金の名目で、女性から現金200万円を詐取した疑いが持たれている。

 署は、秋田容疑者のグループが、18年10月から同年12月にかけて、岐阜、福井、新潟、山梨、栃木の各県で起きた同様の手口の詐欺事件(被害総額約6千万円)にも関与したとみて調べている。

 警視庁はこれまでに、このグループの受け子役だったとされる男ら4人を逮捕。携帯電話の解析などから、秋田容疑者が浮上したという。

 同庁は20日午前、東京都板橋区にある、秋田容疑者が所属する組事務所を家宅捜索した。