[PR]

 互いにあおり運転をして車同士の接触事故を起こしたとして、名古屋市熱田区の会社役員(40)と愛知県岩倉市の会社員(22)の男2人が道路交通法違反(安全運転義務違反)の疑いで20日、愛知県警から春日井区検に書類送検された。会社役員は「自分はわざと幅寄せしたりはしていない」と容疑を否認、会社員は認めているという。

 春日井署の発表によると、2人は7月31日午後1時半ごろ、愛知県春日井市勝川町5丁目の国道19号で少なくとも200メートルにわたって、互いに幅寄せなどのあおり運転を繰り返し、双方の車同士が接触する事故を起こした疑いがある。

 2人の車が交差点で止まっていた際、前方にいた会社役員の乗用車が青信号になっても発進しなかったため、後方に中型トラックを止めていた会社員がクラクションを鳴らすなどもしていたという。

 会社員の中型トラックが会社役員の乗用車右側に接触したため、会社役員が「物損事故があった」と110番通報した。署は付近の防犯カメラを分析するなどして捜査していた。

 調べに対し、会社役員は「相手から幅寄せされたり、あおられたりした」と話し、会社員は「相手が何度も車線変更などをしていたのでイライラして幅寄せなどをやった」と話しているという。