[PR]

 台風や大雪など悪天候で航空便が欠航する恐れがある場合、キャンセルの手数料を補償する保険を全日本空輸と東京海上日動火災保険が10月1日から売り出す。加入者は、全日空の国内便の搭乗5日前から手数料なしでキャンセルできる。悪天候による欠航便のキャンセル費用を補償する保険は日本で初めてという。

 名称は「そらもよう」。悪天候が予想されていても、搭乗2日前にならないとキャンセルに手数料がかかっており、もっと事前に対応をしたいという声が寄せられていたという。

 保険料は300円からで、搭乗日や発着空港などで決まるが、大半が千円以下になる。予定便が悪天候で遅れや欠航した場合にかかった宿泊費や追加交通費も、一律1万円補償される。(田中美保)