[PR]

(20日、ラグビーW杯 日本30-10ロシア)

 開会式直後、スタジアムは興奮に包まれた。赤と白のジャージーを着た人が観客席にはあふれていた。キックオフへのカウントダウン。巻き起こる大歓声。国内のラグビーでは過去に見たことがない風景だ。

 地元開催のW杯に、日本代表は相当の重圧を感じたのか。前半を中心にミスが多く、消化不良の開幕戦となった。

 地元開催は不利なのか。日頃はどっしり構えている主将のリーチも大会直前には「緊張している」と話していた。日本協会の藤井強化委員長は「過去に一度もないプレッシャーと戦わなければならない」と言いながら、一方で「ただ自国開催は有利ではある」とも言っていた。

 地の利を生かせるか、重圧に負けるのか。今後も選手の戦いは続く。(恵藤公浩)