[PR]

 中学2年で不登校になり、8年間、家にひきこもっていた男性がこの夏、屋台を始めた。名古屋市守山区の鬼頭信さん(31)。自家製の野菜などを使った料理とこだわりのお酒が売りだ。「他人が怖かった」という鬼頭さんは、やっとみつけた自分の居場所で客との会話を楽しんでいる。

 9月12日午後6時半すぎ。北名古屋市法成寺にある喫茶店の駐車場に、軽トラックの荷台を改造した屋台の明かりがともった。

 6月に鬼頭さんが知人と2人で始めた「モバイルバー key to」。カウンターには椅子が5脚。ピーマンのチーズわさびあえ、カボチャとナスのオイスターバター炒め、ジェノベーゼのパスタといった日替わりのメニューが並ぶ。使っている野菜の一部は父親と祖母が栽培した自家製だ。

 訪れた女性客2人に鬼頭さんは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら