[PR]

 大型の台風17号は暴風域を伴い21日、沖縄・先島諸島に接近する見込みだ。九州を中心に西日本は3連休となる21~23日、大雨となる恐れがある。北上する台風の影響で、台風15号で被害を受けた千葉県や伊豆諸島でも断続的に雨となる見込み。屋根の補修作業などには注意が必要だ。

 気象庁によると、台風17号は20日午後6時現在、沖縄・宮古島の南東約260キロを北西へ進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大瞬間風速は35メートル。22日には九州に接近する見込み。そのまま日本海を北上し、23~24日には北陸から北海道までの日本海側に接近する恐れがある。

 21日午後6時までに予想される24時間雨量は多いところで沖縄200ミリ、九州南部150ミリ、奄美や九州北部、四国120ミリ。その後の24時間では九州南部300~400ミリ、九州北部と四国200~300ミリなどと予報されている。

 太平洋沿岸にのびる前線も北上する影響で、千葉県や伊豆諸島でも21~23日にかけて雨が降ったり、風速10メートル以上のやや強い風が吹いたりする見込みだ。気象庁は、雨や風が強まる前に、屋根の復旧やブルーシートの飛散対策を済ませるよう呼びかけている。(金山隆之介)